2010年05月14日

インプラント手術直後から審美的機能と噛む機能を回復できる最新治療技術:レジン樹脂の仮歯・日常の暮らしに不便なし

インプラント手術直後から審美的機能と噛む機能を回復できるインプラント最新治療のイミディエートファンクション(即時負荷・機能)が、注目されています。

インプラントを埋入した日にインプラントの上にレジンという樹脂で仮歯を設け見た目を良くし、噛むこともできます。2次手術をする必要がなく、通院回数が少なくなります。

インプラント最新治療のイミディエートファンクション(即時負荷・機能)では、埋入したインプラントが骨と結合するまでの数ヶ月間、仮歯を使う事ができるので日常の暮らしに差し障りはありません。

インプラント最新治療のイミディエートファンクション(即時負荷・機能)をするには、事前に精密な検査が必要で、土台がしっかりしている必要があります。


posted by こう at 12:19| インプラント 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

歯医者さん解説のインプラント失敗原因:治療前に読むと役に立つ

東京・大田区の内田歯科医院の内田将士院長は、ブログで「インプラント失敗原因」を解説しておられます。インプラント治療前に読むと、なかなか役に立つ内容です。

インプラント失敗原因としては、次の原因があるそうです。

(1)医師選びの失敗

(2)患者さんの健康状態、、、ヘビースモーカーやアルコール依存症。糖尿病、心臓病、賢不全、肝炎、喘息、高血圧症などです。妊娠中の方もこれに該当します。

(3)骨の量と質による失敗、、、骨が柔らか過ぎる場合、極端に硬すぎる場合、また骨の量が少ない場合。

(5)不可抗力による失敗、、、過度な力が加わる主な原因として、咬み合わせの悪さ。

(6)医師のミスによる失敗、、、手術のミスによって神経を傷付けてしまい、くちびるのしびれ、一時的または永久的な麻痺、知覚異常などです。インプラントの位置や方向に問題があるため、インプラントとして使用することができないということがあります。骨量が少ない箇所へのインプラント埋入。

読んでいて、なかなか参考になります。要は、インプラント治療の経験が豊富で技量がある信頼できる歯医者に世話になることが、一番、重要ですね。

なお、内田将士院長は、ループのシリコーンデンデンチャー(やわらかい入れ歯)にも詳しいようです。

インプラント失敗原因

続きインプラント失敗原因
posted by こう at 15:46| インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

参考になるインプラント体験3談:「もう20年もつ」

岡山県倉敷市の岡山インプラント支援センターは、毎月無料のインプラント相談会、最新インプラント読本無料進呈をおこなっていますが、webでなかなか参考になる3人のインプラント体験談を載せています。

70代の女性の渡辺さん、、、「一度は駄目になるといわれた歯が、20年ちかくもっています」

中年の男性の斉藤さん、、、「口の中が全く気にならなくなりました」

若い女性の大熊さん、、、「今では、どの歯がインプラントだっけと考えてます」。

70代の女性の渡辺さんは「インプラントをする前は、歯槽膿漏で歯が悪く困っていました。勤め先に近くの病院に行っていたのですが、すぐ治してはいただけるものの、すぐに壊れてたりで何度も通っていました。

そういうこともあり、守屋歯科に行くまでは、いろいろな歯科医院を転々としていました。歯がすべてダメになるというようなことも言われたこともあります。それが、50代の時でした。

その頃は、アイスクリームなど冷たいものを勧められても「私は嫌いです」と断っていました。好きなのですが、歯に沁みて食べられません。それが今では気にせず食べられます」と話しておられます。

顔写真と姓がちゃんと載っており、なかなか参考になるインプラント体験談です。
posted by こう at 12:36| インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

歯周病や骨粗しょう症でもインプラント可:腎臓の弱い人・足元

歯周病や骨粗しょう症の人は、インプラントが出来ないのでは思っておられます。

しかし、インプラントするだけの厚さの丈夫なあごの骨が残っていれば、インプラントできます。でも、骨粗しょう症がひどくなって、骨がスカスカになっている人は、インプラントできません。

歯周病や骨粗しょう症だがインプラントを希望する人は、あきらめずに、インプラントの専門歯科医に相談されたら良いと思います。

歯の丈夫の人や疲れなどから免疫力の落ちた人は、歯周病や歯槽膿漏になりやすく、関連病の糖尿病を併発しやすいです。

足のふくろはぎが常にだるい人は、腎臓が弱くなっており、腎臓が弱くなれば骨が弱くなり、一寸こけただけで、骨折したり、骨盤が割れやすくなります。中年以上の女性に多いケースです。そういう女性は、足元を見ればわかります。ハイヒールからはみ出すように、足がはれています。
posted by こう at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

インプラント治療で泣かないための本:治療前に読む

東京の銀座オーラルクリニックの南雲院長(日本口腔外科学界専門医)が、インプラント治療を受ける前に是非読んでほしい本として、「インプラント治療で笑う人、泣く人ー口腔外科専門医からの提言 」(海苑社)を出し注目されています。

「インプラント治療で笑う人、泣く人」の第7章の目次は次の通りです。

第7章 クリニック選び、ドクター選びのポイント
•間違った医院選択で一生、泣かされないために
(1)治療経験が豊富なクリニックを選ぶ
(2)治療の費用が高いか、安いかだけで選ばない
(3)砂漠にビル⁉ を建てるような治療では困る
(4)独立した手術室があるクリニックを
(5)地理的条件だけでは選ばない
(6)非常勤医が治療に当たっているところは避ける
(7)口腔外科の専門医の資格を持っているか
•あきらめずにこだわってクリニック選びを
•アフターフォローの体制がきちんとしているか

posted by こう at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | インプラント 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。