2011年04月28日

紫外線照射のインプラン歯が骨芽細胞との結合高める・40の歯科医院で導入

特定の周波数の紫外線を照射したチタンのインプラン歯と骨の元となる「骨芽細胞」との結合は、照射しない場合に比べて、インプラント埋め込み後の早期には3倍、最終的には1.8倍に高まることが、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)歯学部の小川隆広教授の研究によって明らかになっている。

昨年10月には小川教授の依頼により、石川県金沢市のなぎさ歯科クリニックが紫外線照射を当てたインプラントを世界で初めて臨床応用を始めた。「光機能バイオマテリアル研究会」を通し、日本全国の歯科医院に紫外線照射装置の導入が進んでいる。現在、40の歯科医院で導入。

インプラント歯の表面に炭素が付着し始めるため、「骨芽細胞」と結合力が、一ヵ月後に半分に、数ヵ月後に約3分の1に低下する。この低下に対抗するために、特定の周波数の紫外線を照射したチタンのインプラン歯を使用しようというもの。

■口臭・歯周病・鼻つまり予防に著効の薩摩刀豆茶


posted by こう at 13:34| インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

2011年のインプラント平均費用は最高値から値崩れ開始:全国のインプラント費用一覧

2011年のインプラント平均費用は、2009年と比較して1.5万円アップの32.5万円だった。2009年と比較して、インプラント費用の最安値は1万円アップの14万円、最高値は6.3万円ダウンの53.55万円。日本インプラントセンターが、4月に全国362の歯科医院を対象にインプラント費用の調査を実施。

最近、インプラント歯科院の経営が悪化し、インプラント患者の争奪戦が起き、インプラント費用が値崩れを起こしているといわれていますが、最安値はアップし、最高値から値崩れが始まっているようだ。

「どの歯科医院でインプラントの治療を受けるか選ぶ際には、インプラントの費用が安いか高いかだけで判断することが大切なのではなく、その歯科医院でインプラントの治療を受けることに対して自分自身が充分に納得できるかどうかが重要です。

当然のことですが、歯科医師の手技や技術は歯科医院選びの重要なポイントとなります。症例数や実績を参考にしてください。また、カウンセリングにより不安や疑問が取り除けたか、スタッフの対応は安心できたか、といった点も歯科医院選びの大きな判断材料になります。インプラントの費用を検討する場合は、インプラント本体の種類や被せものの質もあわせて検討し、治療後の保証範囲などについても十分に確認してください」(日本インプラントセンター談)。

posted by こう at 10:06| インプラント 費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

インプラント治療前後には刀豆茶と刀豆歯磨きで歯茎を丈夫に

インプラント治療を検討している方やインプラント治療をすでに受けられた方に、歯茎を丈夫にしたり、歯茎からの出血を止める効果のある刀豆茶を飲まれ刀豆歯磨きも使用されることをおすすめします。

インプラントは、歯茎が弱っているとしにくいです。また、インプラント治療後に歯茎に細菌は入ると大事になりますので、歯茎の衛生には気をつける必要があります。

私は、長年、薬用歯磨きを使用していましたが、4ヶ月前から刀豆歯磨きを使用し、刀豆茶も飲んでいますが、薬用歯磨きより効果が高いです。すぐ歯茎の出血も止まり、歯茎も締まってきました。

歯の丈夫な人は、平気で堅いものを噛み、歯茎に負担を与えて歯槽膿漏や歯周病になり、最後に歯ががぼっと抜けやすいです。
posted by こう at 15:25| インプラント 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

インプラント東京ランキング:1位は「マツザカヤデンタルクリニック」・清潔で医師も丁寧

2011年度オリコン満足度ランキングによれば、東京のインプラント歯科医院部門では、1位は「マツザカヤデンタルクリニック」、2位は「アイ歯科クリニック 大宮インプラントセンター」、3位は「きぬた歯科 神奈川インプラントセンター」、4位は「A.O.インプラントセンター杉並」、5位は「医療法人社団 日坂会 秋葉原UDX歯科クリニック」です。

マツザカヤデンタルクリニックの口コミ「設備は清潔だし、スタッフの対応も良いです。医師も丁寧に説明してくれるので、安心できました」(30代/女性)。東京都台東区上野3-29-5 上野松坂屋南館6F。JR御徒町駅下車。
posted by こう at 17:47| インプラント 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

保険のきく高度先進医療のインプラントとは?:岡山大学歯学部

インプラント費用は原則として保険がきかず、自費負担です。

しかし、外傷、先天性疾患、腫瘍切除後などで歯を失い、取り外し式の入れ歯という従来の治療法では十分な機能を回復できない人に対してのインプラントに対して、高度先進医療が認められ、インプラント費用の一部に保険がきくようになっています。

岡山大学歯学部は、保険のきく高度先進医療のインプラントを行っています。

インプラントでは、200本入れると5本は、とくにインプラント周囲炎(感染が発生しインプラント周囲の骨を失う)によって、脱落しやすい。遺伝子によってはインプラントの材料のチタンとあごの骨が付着しにくい場合があり、岡山大学歯学部はその研究もしている。
posted by こう at 13:43| インプラント 費用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。