2012年06月03日

インプラント治療で障害421件が3年間に発生:日本顎(がく)顔面インプラント学会の調査

日本顎(がく)顔面インプラント学会の調査によれば、インプラント治療で障害421件が2009〜11年
の3年間に全国であった。

歯科医院・病院で受けたインプラント治療が原因で、アゴや唇に麻痺・しびれが出てその治療が歯科大病院などでが行われた例のこと。

原因は、歯科医師のミスや技量不足、自由診療で監督官庁の監視が行き届きにくく、標準的な治療方法が定められていない、、、ことのようです。十分な技量を持たない歯科医師が、高額の報酬のインプラントに流れ込んでいる。このため、実績のある技量のある歯科医師にインプラントをしてもらったほうが良いですね。料金だけで歯科医師を選ばない。





posted by こう at 14:35| インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。