2008年02月03日

インプラントの製造過程が歯ART美術館で展示:5000個の入れ歯や虫歯の詰め物も

年間約100万個の義歯を製造する「和田精密歯研」(大阪)の和田弘毅会長が平成17年にオープンした「歯ART美術館」(高松市庵治町、電話087ー871ー0666)には、インプラントの製造過程、5000個の入れ歯のほかにも虫歯の詰め物が展示され、歯科関係者などの見学が絶えない。

歯以外にも、菱田春草の屏風画、彫刻、漆作家の作品など美術工芸品も並んでいる。

インプラントの製造過程が見られる歯ART美術館は、入場料600円で年中無休。10-17時。館内の喫茶HAPPY では、海を見ながら世界300種のお茶を楽しめる。

現在、展示物として、2/12まで「富岡静男の世界」を展示している。若々しい澄んだ躍動感のある富岡静男の抽象画を展示するとは、和田弘毅会長も気が若く万年青年に違いない。


posted by こう at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。